記事一覧

度あるごとに感謝の言葉を

昨日 バイトが無事に終わりました。
行く直前に夫が「一緒に行かなくても大丈夫?」って心配してくれた(笑)

時給計算をしてここで書くと多分羨望のまなざしで いや怪しい仕事かと疑われそうなので書きませんが かなり高額頂きました。

帰って直ぐに母に
「今バイトから帰ってきました。
高いお金を払って大学に通わせてもらったのでこうやって仕事ができました。
ありがとうございました♥」とメッセージしました。

そう、こうやって高額のお金を頂けるのも 大学に行って資格があるから。
私立の大学に行かせてもらえたのは決して当たり前じゃない。
すると母から
「いえいえ、ゆらぎちゃんが授業をサボって単位が取れず 留年や国家試験に合格しなければ仕事はできないから ゆらぎちゃんががんばったからよ」って返ってきた。
P1050781.jpg 
屋上のプランターで出来たもの。
ごま油で桜エビと炒めてかつをぶしを振ってお醤油で食べました。

いつもやさしい母。
もちろん父も。
父に叱られたことはないし、父の職業を受け継いだことで私のことがきっと姉より好きだと思う。

私の誕生日 母の日 父の日には
「私を生んでくれてありがとう。
私は両親の元に生まれてきて幸せです」って伝えてる。

食事の前には某配信者の真似をして
「あめのみなかぬしさま(宇宙で一番最初に生まれたかみさま) いつもお助けくださりありがとうございます。
父上 母上いただきます」と心の中で言ってる。

夫にも度あるごとに
「ありがとう」
「愛してるよ」
「大好き」って伝えてる。

明日死ぬかもしれないからね。
悔いが無いように伝えてる。





にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
スポンサーサイト

プロフィール

ゆらぎ

Author:ゆらぎ
2人の娘は家を離れて夫と気ままな2人暮らし
仲良し夫婦
断捨離中
正常眼圧緑内障
片頭痛
「やりたくないことはやらない」
「行きたくないところへ行かない」
「「会いたくない人には会わない」
バラ初心者
愚痴 毒舌多め

最新コメント

月別アーカイブ

フリーエリア

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ

フリーエリア